赤ちゃんとウォーターサーバーの必要性

赤ちゃんのいる家庭で、ウォーターサーバー普及率が高くなっているのは、水道水で作ったミルクや離乳食をあげたくないという理由が大半を占めています。

また、水の放射性物質を気にする親も多いです。


赤ちゃんの体の80%は水分でできていると言われていますので、口にする水の品質がいかに大切であるかがわかります。

カルシウムやマグネシウムといったミネラル分は、赤ちゃんにとっては消化がうまくできず、下痢を起こすことにもつながります。

ミネラル分が微量な水は「軟水」であり、軟水は粉ミルクも作りやすいのでおすすめです。



赤ちゃんは離乳食が食べられるようになるまで母乳か粉ミルクで育ちます。生まれてすぐの頃は、1日に600~800mlの粉ミルクを必要としますので、その飲料水に気を使う親は多く、上質な水を用意し、ウォーターサーバーで随時使用するという家庭が多いです。

放射性物質についても、赤ちゃんにおすすめの水は、業者によっては「放射性物質の検出が一切無い」ことが証明されたものが提供されていますので、選ぶ時は必ず確認しましょう。



また、水の無菌状態を保つシステムを採用しているウォーターサーバーでは、室内の雑菌に汚染されないような仕組みになっていますので、より安全性が高くおすすめです。



粉ミルクを作りたい時にすぐお湯が出るのもとても便利ですし、重いペットボトルを買ってくる必要もありません。
美味しくて安全な水を家族全員で使えるので、メリットは多いです。